医療関連の仕事で独立する|システム導入と会社売却で会社をステップアップさせる

システム導入と会社売却で会社をステップアップさせる

MENU

医療関連の仕事で独立する

握手

伝統技術を駆使する治療者

柔道整復師はわが国に古くから伝わる伝統技法を用いて骨・関節・靭帯・筋肉などの故障を治療する専門職です。医師などと同じく業務独占資格となっており、無資格者はその業に携わることができない点に特徴があります。柔道整復師の資格にはもう1つ特徴があります。それは、やはり医師等と同様に開業権が認められていることです。柔道整復師が開業できるのは柔道整復師施術所と呼ばれる治療施設です。一般には接骨院または整骨院、あるいはほねつぎなどと呼ばれることもあります。所定の手続きを行えば健康保険や労災が取り扱えるほか、美容や疲労回復など治療目的以外の施術を加えるなどの工夫を行うことで、幅広い層の顧客を獲得することも可能です。

施術所を自ら開設できる

柔道整復師の資格を得るには、大学・短大・専門学校等の養成機関で学んだ後、国家試験に合格する必要があります。学習期間は3年以上となっています。柔道整復師施術所を開業する手続きは、基本的には一般の健康サロンなどを開業する際とおおむね変わりません。ただ注意が必要なのは、官公署にいくつかの届出が必要になるという点です。まず保健所に対しては、施術所の開設届を提出します。施術所には床面積や設備などに一定の基準が設けられているため、それを満たしているかどうか実地に確認を受けます。また、健康保険と労災を取り扱う場合もそれぞれ所轄の役所に届出が必要となります。公務員の共済組合に関しても同様です。健康保険については、柔道整復師で作られる職能団体に入会すれば手続きを代行してもらえるシステムがあります。